JUGEMテーマ:家庭教育

宿題を子供に出すとき、
成績の良い子どもには答えを一緒に渡し、
成績の悪い子どもには答えを渡しません。

理由は簡単。
成績の悪い子の特徴として
提出することだけに意味を見出しています。
だから、答えを写してしまいます。
しかも、立ちの悪いことに、わざと間違えて…。

そんなことは、同じ問題を出して
解けるかどうか確認すればすぐに分かること。

分からなければ、分からないといったほうが
はるかに良いというのですが、それができません。

答えがなければ、友達にやってもらってくることもあります。

一方、
成績の良い子は
自分で採点して、間違えたところができるまで
自分で繰り返します。

最初から差がある状態なのに、
このようにしてどんどん差が開いていきます。

どうしてこんなことになるのだろうと思って、
いろいろインタビューをしていると、
どうも、小中学校での宿題の出し方に問題があるようです。

小中学校での宿題はたいてい
書きこんで提出する
という形式になっています。
早い話が、「出来る」「分かる」「覚えた」ではなく
書いてあればそれでよしなのです。

それどころか、
中学校では提出したものを
ほとんど見ずにいるようです。
先生方、お忙しいのはわかりますが、
提出物をじっくり見て、
子どもが理解できているかどうか
判断して欲しいところです。

あとは、保護者の態度も重要です。
「とにかく出しなさい」という保護者は
気をつけたほうがいいです。
その習慣が中学高校だけでなく
大人になっても残ります。

できないなら、どこができないか
先生に聞く習慣をつけましょう。
そのかわり、出来るところは
とことん正解になるまで繰り返しましょう。

ちゃんと理解するまで
誤りを正す習慣をつければ
すぐに成績の優秀なグループに
仲間入りできますよ。