発達障害型の3種類の
分類分けは出来たでしょうか?

 

まだな人は
軽度発達障害型の3つの分類
で分類分けをしてくださいね。

 

適切な方法を取らないと
解決に時間がかかりすぎたり
逆に悪化することもあるので
ちゃんと分析してくださいね。

 

発達障害型A型の特徴は

  • 言葉になっていないルールを理解するのが難しい
  • 抽象的な概念や人間関係を理解するのが難しい
  • あることに集中すると、それ以外が見えなくなる
  • 冗談やギャグを理解するのが難しい
  • 予測不可能なことや突然の出来事に対応できない

などの特徴を持ちます。


このような子どもたちには
以下の様な3つの対応法があります。
今すぐ実施してみましょう!

  1. 友人知人から「信用」される行動を教えるために
    信用って何?パーソナリティ障害・
    軽度発達障害型と
    思われる不登校の対策
    読んで対応する
  2. 人間関係で失敗していることが多いので
    自信をつけさせるために以下の2ページを読んで対応する
    セルフエフィカシーを向上させる最も効果的な方法
    セルフエスティームを向上させる5つの方法
  3. 指示を与えるときにできるだけ具体的に指示を与える。

このタイプの子供に必要な物は
自信と社会性です。

 

自信は
セルフエスティーム(自己肯定感)と
セルフエフィカシー(自己効力感)とに
分けられます。

 

セルフエスティーム
自己肯定感や自尊感情とも言われ
自分自身のことを価値がある人間だと思い
自分自身のことが好きになることです。

 

セルフエスティームを向上させるには
エルフエスティームを向上させる5つの方法
を今すぐ御覧ください。

 

セルフエフィカシーは日本語では
自己効力感と言われ、
自分には何かをやりぬく能力がある
確信することです。

 

セルフエフィカシーを向上させるには
セルフエフィカシーを向上させる最も効果的な方法
を今すぐご覧ください。

 

自身をつけると同時に
社会性も育まなくてはいけません。
社会性とはいわば信用される人になることです。

 

社会性を身につけるために
信用って何?パーソナリティ障害・軽度発達障害型と
思われる不登校の対策

を今すぐ御覧ください。


毎日お子様の元気な
「行ってきます」を聞くために
どうしても知ってほしいことを
一冊のマニュアルにまとめました。

 

不登校の子供の分類や対応を
マニュアルにまとめてあります。

 

マニュアルは
まずは下記のサイトに移動し、
メールアドレスをご登録ください。

 

ご登録いただいたメールアドレスに
入手方法をお知らせします。
スパムメールが来ることはありません。

 

500人以上の 不登校の子どもの問題を
解決した専門家が贈る不登校だったあなたの子どもが
登校できるようになる 科学的な方法
を受け取る

 

是非とも情報がいっぱい詰まった
マニュアルを手にとってくださいね。

注目記事

不登校は癌と同じ?
毎日不登校になる可能性に
さらされている子どもたち

500人以上の不登校の子どもと接して得た
私の経験がいっぱい詰まった
マニュアルはいかがですか?

ムチャクチャなヒゲ先生と出会って
臨床心理士を目指すことになった
不登校だった僕