パーソナリティ障害型の3種類の
分類分けは出来たでしょうか?

 

まだな人は
パーソナリティー障害型の3つの種類
で分類分けをしてくださいね。

 

適切な方法を取らないと
解決に時間がかかりすぎたり
逆に悪化することもあるので
ちゃんと分析してくださいね。

 

自分の世界に閉じこもってしまいがちなのが
パーソナリティー障害型A型の不登校です。

 

A型の特徴が極端に強くなると
以下の様な行動を示します。

・他人を信用せず懐疑的で証拠がなくても悪意を感じる
・内向的で引っ込み思案で孤独を好みます。
・身の回りへの興味・関心および自己表現力が欠如します
・現実の事よりも非現実的なことを好み、
奇異な思考や行動をする・時に人を魔術的に自由に操れると妄想します。

現状のまま放置しておくと、
上記のような状態に
陥る可能性が高くなってしまいます。

 

そうならないために
正しい対処法が必要になります。

 

ただ、このタイプの不登校の子供は
登校したとしても学校で浮いてしまう
可能性が高いです。

 

学校内での孤立がきっかけで
不登校になる子供も多いです。

 

対応法は信用とは何かを理解させるために
ソーシャルスキルトレーニング(SST)を実施しましょう。

 

このタイプは今の考えが絶対に正しくて、
うまく生きていけないのは
すべて回りが悪いと考えがちです。

 

その考えが違っていることを根気よく教えて、
考え方を変えるとうまくいくという体験をさせましょう。
それがSSTです。

 

SSTは完全に確立された方法なので、
お父さん、お母さんでもちゃんと勉強すれば
実施することができます。

 

まずは次の本をよく読んで
実践してみてください。


毎日お子様の元気な
「行ってきます」を聞くために
どうしても知ってほしいことを
一冊のマニュアルにまとめました。

 

不登校の子供の分類や対応を
マニュアルにまとめてあります。

 

マニュアルは
まずは下記のサイトに移動し、
メールアドレスをご登録ください。

 

ご登録いただいたメールアドレスに
入手方法をお知らせします。
スパムメールが来ることはありません。

 

500人以上の 不登校の子どもの問題を
解決した専門家が贈る不登校だったあなたの子どもが
登校できるようになる 科学的な方法
を受け取る

 

是非とも情報がいっぱい詰まった
マニュアルを手にとってくださいね。

注目記事

不登校は癌と同じ?
毎日不登校になる可能性に
さらされている子どもたち

500人以上の不登校の子どもと接して得た
私の経験がいっぱい詰まった
マニュアルはいかがですか?

ムチャクチャなヒゲ先生と出会って
臨床心理士を目指すことになった
不登校だった僕