不登校の理解を助ける上で、
今どの状態なのかを区別する基準が
あれば便利ですよね。

 

実際には、あるところですパッと別れるわけではなく、
連続的に変化するのですが、それでも、
ある状態からある状態へ
パッと変化することも多いです。

 

今は私が子どもの状態を理解する上で、
六つの状態にわけて見ると便利です。

 

レベルの数の少ないほど生きやすい状態で、
数が多いほど子どもが苦しんでいると見てください。

 

また、数が少ないほど連続的に変化し、
数が多くなるほどある日突然パッと変化する
傾向があります。

 

Lv0 (不登校ではない状態)

学校にいくことが楽しい、
もしくは別に楽しいとは思わないけど、
自分の将来のために学校にいくことが
必要であると自覚して行く状態です。

 

ほとんどの生徒がこの状態で、
不登校の生徒もこの状態に持っていくことが
ひとつの目標となります。

 

Lv1(不登校の始まり)

行ける日があったり、行けない日があったり、
行ったとしても保健室登校が続くなど、
何らかの形で学業成績に響く可能性がある状態です。

 

不登校になるかならないかの分かれ目です。
ここで大事なことは、無理に行かせないことです。

 

すぐに医師に見てもらい、
何らかの病気がないか
確認する必要があります。

 

もし、病気がない場合は、
スクールカウンセラーや民間のカウンセラーと相談し、
対処しましょう。

 

この時点で手を打てば、ほとんどの場合数週間以内には
全く問題のない状態(Lv0)になります。

 

多くの場合、ここで無理に学校に行かせたり、
逆に放置したりして次の状態に移行します。

 

この移行は、区切れ目がなく、
徐々に悪化していくので、
毎日目にしていると悪化が見えません。

 

回復期には、もうすぐ元通りになるといった安心感から、
油断してしまいがちですが、
ほんの小さな言葉遣いでも敏感な時期なので、
最も注意が必要な時期です。

 

Lv2

学校に行く準備はするが、
学校に行く時間になると体調が悪くなったり、
朝起きれなくなるじょうたいです。

 

生活パターンが崩れ始め、
夜中に活動的になることもあります。

 

この状態になると、完全な「不登校」です。
この状態になって、対策をしても復学に
数ヶ月以上かかる場合が多いです。
なので、長期戦を覚悟する必要があります。

 

回復期には、元気な様子と元気がない様子が
三寒四温のように繰り返されます。

 

親に辛く当たったかと思うと、急に甘えたりすることもあり、
なかなか行動を理解することが難しいかもしれませんが、
それをどんと受け止める覚悟が必要となります。

Lv3

先生や友達、父親とは話をするが、
学校には行こうとしなくなる状態。

 

この時期になると、家にいるのが当たり前になってしまい、
登校の準備もしなくなります。

 

学校へ行く意義も見いだせなくなり、
家でテレビやゲームやマンガに没頭し始めるようになります。

 

実際には、学校に行きたかったり、
行く意義を感じているのですが、
それからあえて目をそらすようになります。

 

この時期は開始時にせよ、回復期にせよ、
まさに我慢の時期です。

 

この時点ではカウンセラーと話をすることもできるので、
できればこの時期までにカウンセラーに依頼をしなくては、
大変な時間と労力が必要になります。

Lv4

他人や父親と話をしなくなる。
唯一、母親とだけは話をするが、
それでも必要最小限の会話しかしない。

 

家庭が荒れ始め、
場合によっては暴力行為に移行することもある。

 

子どもの心を知るには、
母親という小さな窓を通してしてしか
知ることができなくなってしまいます。

 

依頼の多くの場合は、Lv4や次のLv5と言った状態で頂きます。
しかし受ける場合はほとんどありません。
なぜなら、Lv4以降では医療的な介入が必要となるからです。

 

Lv5

誰とも会話をしなくなる。自分の部屋から出なくなる。

 

この状態になると、「待つ」以外にソフトな対応方法はない。
通常数年~数十年は待つ覚悟が必要となります。

 

逆に「戸塚ヨットスクール」のようなスパルタ方式であれば、
短期間での回復も可能ですが、
それは命を掛けたものになることを覚悟する必要があります。

 

どちらにしても、家族の経済的・精神的負担は半端ではありません。
こうならないために、できるだけ早い段階で専門家に相談するべきです。

 


毎日お子様の元気な
「行ってきます」を聞くために
どうしても知ってほしいことを
一冊のマニュアルにまとめました。

 

不登校の子供の分類や対応を
マニュアルにまとめてあります。

 

マニュアルは
まずは下記のサイトに移動し、
メールアドレスをご登録ください。

 

ご登録いただいたメールアドレスに
入手方法をお知らせします。
スパムメールが来ることはありません。

 

500人以上の 不登校の子どもの問題を
解決した専門家が贈る不登校だったあなたの子どもが
登校できるようになる 科学的な方法
を受け取る

 

是非とも情報がいっぱい詰まった
マニュアルを手にとってくださいね。

注目記事

不登校は癌と同じ?
毎日不登校になる可能性に
さらされている子どもたち

500人以上の不登校の子どもと接して得た
私の経験がいっぱい詰まった
マニュアルはいかがですか?

ムチャクチャなヒゲ先生と出会って
臨床心理士を目指すことになった
不登校だった僕