不登校の子どもたちは常に
「学校に行かなきゃ」というプレッシャー
押しつぶされそうになっています。
そのプレッシャーには
2種類あります。

 

それは

  • 外からのプレッシャー
  • 内からのプレッシャー

です。

 

外からのプレッシャーは
あなたや周りの大人など
不登校の子供本人ではなく
その周囲の人間から与えられます。

 

外からのプレッシャー対策は簡単です。
あなたが学校に行けと言うのを止めて
あなたが周りの人に
学校にけと言わないように
お願いすればいいだけです。

 

では、内からのプレッシャーとは
何でしょう?
それは「妄想」です。

 

学校に行きたい気分になった時に
多くの不登校の子供は
「学校に行ったら変な目で
見られるんじゃないか?」
「変なことを言われるんじゃないか?」
という風に悪いことを
予想してしまいます。
これを専門的には
「予期不安」といいます。
不登校をはじめ
多くの不安を抱える人は
この予期不安が強いです。
でも、この予期不安。
結局は実際には起こっていない
妄想ですよね。
この妄想をコントロールするのは
とても難しいです。
それは、人間は考えずには
いられない動物だからです。
この不安の妄想を持ちやすい
タイプが存在します。
このタイプ分けは
マニュアルに書かれています。

500人以上の 不登校の子どもの問題を
解決した専門家が贈る不登校だったあなたの子どもが
登校できるようになる 科学的な方法を受け取る
内容は理論面だけでなく、
私が子供や保護者に対してどうやって対応して、
どういう変化があったのかを書いています。
ああ、こういう子がいて、
ヒゲ先生はこんなことを言ったり
やらせたりしたんだなぁ
っていうのを実感していただければと思います。
そして、まずは真似をするだけです。
難しいことは考えずに
分類分けをしたら私がやったことと
同じようにしてみてください。
それだけで効果がはっきりと出ます。
まずは小さな変化を起こすところから
始まります。
500人以上の 不登校の子どもの問題を
解決した専門家が贈る不登校だったあなたの子どもが
登校できるようになる 科学的な方法を受け取る
ただ残念なことに、個人情報とまではいかないまでも
本人が見たら、自分の事だとわかる実例を上げる事になります。
なので、オープンにはできません。
そこで、私のことを信用してくださる方だけに
このマニュアルを差し上げようと思います。
スパムメールが来ることはありません。