JUGEMテーマ:教育

塾や家庭教師をしている子供のうち
「できる子」と「できない子」の間に
大きな差を感じるのは
メタ認知力です。

メタ認知とは
「認知を認知すること」です。

何じゃそりゃ?と思うかもしれませんが
一番しっくりするのは
「無知の知」でしょうか。

「私は『知っていない』事を知っている」
というように、自分自身の認知をより上位の立場から
認知することをメタ認知といいます。

ある問題が出来ない時
「できる子」と「できない子」が
口にする言葉を例に出して考えてみましょう。

「できない子」はできない問題に遭遇して
どこが出来ないの?とかどこがわからなかった?と聞くと
「最初から」「全部」という風に答えます。
実際に、最初から一つ一つ聞きながら答えさせると
途中に躓く点が見つかります。
けっして「最初から」「全部」わからないということはありません。
この子たちは、どこかでわからなくなったのか、「わからない」
という事実に遭遇すると全て消去してしまうので、
どこがわからないのかわからないのです。

一方、ほとんどの「できる子」は
「ここまでは出来たけど、ここがよくわからなかった」と
明確にわからない点を指摘することが出来ます。

このように
「何がわからない」か
「どこまではわかる」か
というメタ認知力に大きな差があります。

実はこの問題の解決法があります。
それは問題を解く時に
消しゴムで消さないこと。

「できない子」のノートを見ると、
何やらやった痕跡があるのに
消していることがよくあります。
もしくは、ちょっと考えて答えが
出そうになかったらあきらめます。

すなわち、ノートの上ではどちらも
「やっていない」のと同じ状態です。

答えが出てきそうになくても、
いろんなことを書いて考えることが重要です。
間違ったところは二重線でもひいておけばいいのです。

また、基本的に「できない子」は
ノートを書かないことが多いです。
計算途中や問題を解いていく過程を書かずに
答えだけを出そうと頭を悩ませます。
これはワーキングメモリーに無理をかけているだけで、
問題を解くには最悪な方法と言ってもいいでしょう。
このようにワーキングメモリーに過負荷をかけるため
最も重要な「どこがわからないか」が記憶されません。
このようにノートを取らないことで
メタ認知が発達しなくなります。

科学の基本は試行錯誤です。
それがいつの間にやら試行錯誤を厭う傾向にあります。
とくに、小学校・中学校の授業は考えさせるより
解法のテクニックに走った授業が増えているようです。

難関と言われる大学は
たしかにテクニックである程度問題は解けますが、
そのような解き方を大学の先生方は嫌います。

未知の問題に遭遇した時に
どのように考え、どこで間違い、どのように修正したか
をきちんと表現できる人が求められます。

それは、ビジネスの世界でもそうです。

子供の成績を上げたいと思うならば、
一問に見開き二ページくらい使わせて
問題を解かせてみてはどうでしょうか?